ABOUT Universal Works

コンテポラリー(現代的な)メンズウェアを手がけるUniversal Works.

David Keyte 氏(UW共同創設者、ディレクター、デザイナー)が目指していた衣服は、決して行き過ぎたデザインでない、しかしながら良いデザインでフィット感がある、実用的で素朴な衣服。調理台での制作作業から始まり、2008年にUniversal Works社は設立されました。

70年代の地方のミッドランドタウンで育ち、Davidの形成時期にUniversal Works社の企業へ思いが芽生えました。彼の家族は着こなしが上手な労働者階級で、Davidは父親と叔父が、平日は作業服を、週末は週末用の服を着ているのを目にしていました。その後、80年代のスポーツや音楽のサブカルチャーの発展を実体験しながら、サインライターの実習生として働きました。その後、ファッション業界で30年という期間を過ごし、ポール・スミスからマハリシまで、Davidはその業界の最高とされる人たちから学び、その傍で働いてきました。

Davidのライフワークは企業の行動様式や価値感の記述のように感じられ、伝統を理解し、現代のニーズや美的感覚に支えられた背景を理解した上で、様々なアイデアを織り交ぜているのが、ユニバーサルワークスの特徴と言えます。

ユニバーサルワークスは技術力のある、小規模の制作会社を支持し、 イギリスやそれ以外の国々のふさわしい場所で衣類を制作し、信頼・尊敬ができる、自信をもって関係を持てるファクトリーとのみ提携しています。そして、 これらの会社のアーティストやライター、その他素晴らしい人たちと一緒に協力できる機会を得て、これが企業の継続した成長と学習を駆り立てる一つのプロセスとなっています。

当初は小売店10店舗への販売から始まり、その後、次々と販売店が増え、そのオーダーは、今やロサンゼルスからソウルに至ります。本社とネット店舗はノッティンガムを拠点とし、2012年7月にロンドン、Lambs Conduit Streetにオープン、2013年8月にロンドンのBerwick Streetにオープン、2016年3月にノッティンガムのBroad Streetにオープンし、現在計3店舗の直営店を英国内で展開しています。

独立した小企業であることを嬉しく思い、また、誇りをもっています。情熱とユーモアをもって常に仕事に取り組んでいます。



下記は、Universal Works. Limited Store@渋谷ヒカリエ (2016/10/10-2016/10/16)
当店PALE-Public House×Universal Woks.×Maiden Companyが協同開催した際の模様です。







幅広い客層が訪れる渋谷ヒカリエの限定点で、代表的なアイテムであるベイカーズジャケットや16FWのコレクションとともに、『バブヤー』、『ジョン・スメドレー』、『ウォルシュ』など英国ブランドとのコラボレーションアイテムも販売しました。

■Universal Works. ブランド情報

コレクションコンセプト
基本的に、シーズン毎のコンセプトは設定していない、シーズン毎にインスピレーションを受けたものから、自信のコレクションを常にアップデートしている。

Bakers Jacket
Univeral Works. ( ユニバーサルワークス )定番のワークジャケット。ブランドを始めるにあたり、普遍的でシンプルなワークジャケットを求めた。過去のありとあらゆるワークジャケット ( フレンチワーク、アメリカンワーク、エンジニアジャケット等々 ) を研究し、一つのデザインに辿り着きました。それは、ありふれた特徴を持つジャケットに見えるが、袖は二枚袖のパターンを採用し、より動きやすい型へと変化している。この着想は、ブランドのファウンダー&ザイナーであるDavidの父親が何年もの着用を経て、袖が腕に沿うように馴染んだジェケットが元となっている。このジャケットは、Davidが頭の中で何年もの間思い描いていた理想のシンプルなワークジャケットであり、ここに洗練された生地を落とし込むことにより、現代性も兼ね備えたアイテムになっている。
このBAKERS JACKETの名前の由来は、情熱的に働き、素晴らしい技術を持ち合わせたパン職人だったDavidの父への敬意を込めてなづけています。このジャケットはUniversal Works.( ユニバーサルワークス )のコレクションの中で、変わらない定番アイテムとして提案され続けています。

Factory
イギリス3社、ポルトガル3社、インドで1社を使用している。

○イギリス
・デニム専業工場・・・4人のみで生産している。経験豊富で技術に優れた人たち。所在地はLeicester。
・ジャケット工場・・・所在地はBolton。
・ニット工場・・・所在地はNottinghamでオフィスからほど遠い場所にある。SunspelやAlbamなどのニットも生産。


○ポルトガル(どの工場も小さな家族経営の工場で、Davidが気に入った人柄たちと仕事をしている)
・シャツ専業工場
・ジャージー専業工場
・ユニフォーム専業工場・・・シンプルなワークウェアに特化した工場。その工場にあえてテーラーリングのアイテムも生産してもらい、独特な雰囲気を持たせるようにしている。

○インド
・テーラー工場・・・35人のテーラーが所属している工場。工場といってもラインを組んだ生産ではなく、一点一点を一人のテーラーが裁断から縫製、仕上げまげ請け負っている。


■Universal Works. ファウンダー&デザイナーDavidスナップ
coming soon

ページトップへ